スイーツの通り道

人気店・有名店からコンビニまで、自由気ままに食べた甘いものを紹介するブログ。

シュークリームを自作してみた

久しぶりの自作スイーツです。
レシピは年始に仙川のケーキ店「ジャリーヴ」のケーキ教室で教わったもの。

「ジャリーブ」は個人的に一押しのケーキ店です。
見た目に凝ったものではありませんが、ケーキを作ること・食べることが好きな作り手の気持ちがこもっているようで、味も好みです。そこのシュークリームの作り方を教われる教室が開催されることがわかり参加しました。

実は、生地があまり綺麗に膨らまず高さがないのですが、むしろクッキー感のある生地でしっかりとした食べごたえがあり、硬めに炊くカスタードと生クリームをまぜたクリームも家庭にないパティスリー感覚の味がしました。自画自賛・・・。

生地については、またリベンジしたいと思います。次回もご期待ください・・・(笑)
自作シュークリーム
JUGEMテーマ:スイーツ

自作スイーツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2月2日はクレープを焼いて食べる日

2月2日はフランスでは「La Chandeleur(ラ・シャンドルール)」という祝日で「クレープを焼いて食べる日」だそうです。

なぜ、2月2日かというと、「クリスマス(キリストの誕生)から40日目に聖マリアの清めを行い、クリスマスの全ての飾りを降ろす風習」で、現在ではマリアを讃える最も古い祝日とされています。

クレープを食べる理由は「丸く、明るい色をしており太陽を思わせる」という説があります。

私の自宅にはクレープ焼き用の鉄板(クレープパン)がありますので(笑)、良い機会だと思いクレープを焼いてみました。

あじねフライパンのクレープパンです。
La Chandeleur(ラ・シャンドルール)


自作のカスタードクリームを焼きたてのクレープで包み、イチゴソースを掛けました。
イチゴソースはつぶしたイチゴにコアントロー、砂糖、レモン汁を加えて作りました。

盛り付けはもう少しうまくなりたい。
クレープ

この日のクレープを焼く際、フライパンを持たない手には富を願ってコインを握り、上手に一つの手でクレープをひっくり返す事が出来れば、その年は健康に恵まれ幸せな年になるのだそうです。
あのナポレオンもクレープ焼きにチャレンジしたと言われています。

日本の恵方巻もそうですが、各国いろいろな縁起担ぎがありますね。
個人的には恵方巻きはなんだかなぁですが、さすがフランス、クレープとはおしゃれですね(笑)
続きを読む >>
自作スイーツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

レモンシュガークレープ(自作)

テレビで鎌倉のコクリコクレープが特集されていて、クレープを無性に食べたくなったので自作してみました。
本家はカスタードクリームはないのですが、アレンジで添えています。
レモンシュガークレープ

以下、作成工程+レシピ。

クレープ生地
材料
小麦粉 : 50g
砂糖 : 10g
卵 : 1個
牛乳 : 120cc
生クリーム : 30cc

(1) 卵1個をほぐし、小麦粉、砂糖を加えて混ぜます。
クレープ生地1

(2) そこに牛乳を少しずつ加えつやがでるまで混ぜます。最後に生クリームを加えて1時間くらい寝かせます。
クレープ生地2

カスタードクリーム
材料
砂糖 : 30g
コーンスターチ : 6g
卵 : 2個
牛乳 : 150cc
コアントロー : 適量

(1) 砂糖、コーンスターチ、卵を牛乳を少し入れ混ぜる。
カスタード1

(2) そこに温めた牛乳を入れ混ぜて、こしながら鍋に戻します。
カスタード2

(3) 沸騰させるまでひたすら混ぜます。
カスタード3

(4) クリーム状になったら、コアントローを加えたら、カスタードクリームの完成です。
カスタード4

仕上げ

(1) クレープ生地を焼きます。
クレープ生地3

(2) 生地が焼けたら、砂糖をかけます。(生地に砂糖はが入っているので、少な目にしています。)
レモンシュガークレープ3

(3) クレープにレモンを絞ります。
レモンシュガークレープ2

これで完成です。

折りたたんで、クリームを添えました。
レモンシュガークレープ

生地の甘味とレモンの酸味がとてもあいます。カスタードクリームをつけるとよりスイーツっぽく美味しくなりました。これからの夏にピッタリ。これからも作りたい。

あと、視察にコクリコクレープの本家レモンシュガークレープも食べてみたいと思います。
続きを読む >>
自作スイーツ | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

オレンジソースのクレープ

イチゴの季節が終わってしまったので、新しいクレープのソースを作りました。

クレープはいつもの鉄板で焼き上げました。カスタードクリームも自作。

オレンジソースは お砂糖(25g)をフライパンでカラメル状にしたあとに、
100%オレンジジュース(200cc)を加えます。
ちょっと煮立ったら、最後にオレンジリキュール(適量)を加えて完成。

オレンジソース作成中。
オレンジソースクレープ1

クレープにかけてみました。(盛り付けのスキル向上が望まれる。笑。)
オレンジソースクレープ2

ソースに程よい酸味があって、プレーンのクレープで食べるよりあっさりと食べられました。

スイーツの完成度としてはl「イチゴソースのクレープ」のほうが正直完成度が高い(汗)

ソースにしてはあっさりしすぎた感があるので、
オレンジの果実を入れたりなどいろいろ改良するともっと美味しくなりそう。

次回に期待して今回は終了。



自作スイーツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

イチゴソースのクレープ@自作

今回は自作のクレープのご紹介。

個人的にクレープが好きなので、お友達が来たときに振舞ったりしています。

クレープ自体はもちろん、中はカスタードクリームやイチゴソースも自作です。
無駄に業務用サイズのクレープパン(↓)をもっていたりします(笑)
>> あじねフライパン

正直、見た目はそんなでもありませんが(汗)
味は結構自信あります。(現在の自己評価は4くらいかな。)

自作クレープ
自作スイーツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ポップオーバー@自作スイーツ

ポップオーバーとは、シュークリームの皮のような触感が美味しいパンのようなものです。

以前、自由が丘スイーツフォレストの「SPOON BREAD(スプーンブレッド)」さんで食べて
美味しく、最近偶然、ネットで見たら、簡単に作れそうだったので作ってみた。

なかなかうまく焼けました。
ポップオーバー1
ポップオーバー2

私は、何もつけずにそのまま食べるのがお気に入りですが、
アイスやカスタードクリームなどをつけて食べると、尚美味しいと思います。

とてもお手軽で、皮自体は砂糖も入れないので、体にも優しいと思います。

参考にしたレシピはこちら
>> [焼きたてふわふわ卵パン ★ポップオーバー]
自作スイーツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -