スイーツの通り道

人気店・有名店からコンビニまで、自由気ままに食べた甘いものを紹介するブログ。
<< モーニングセット@マザーリーフティースタイル 大崎 | main | クリスピーサンドカラメルカスタード味@ハーゲンダッツ >>

極上フレッシュライチ@聘珍樓(へいちんろう)

オススメ度:★★★★☆(4.5)

この時期の中華街の楽しみの1つが「ライチ」だったりします。

6月下旬から1か月間だけ、中華街の有名店の聘珍樓(へいちんろう)でフレッシュなライチが販売されます。
聘珍樓へいちんろうのライチ

↓写真のようなパックに入って、1,000円です。安くないですが、1年にこの時期しかないので毎年買っています。
聘珍樓へいちんろうのライチ2

冷蔵庫にちょっといれてから、剥いてみました。
ライチは当たり外れが結構あるのですが、ここのライチは,実に弾力があり、甘味もしっかりあり外れがないです。
冷凍では味わえないおいしさ。ライチは苦手という人もぜひここのライチを食べてみてほしいです。
聘珍樓へいちんろうのライチ3

お店(お取り寄せ可)へのリンクです。


>> 中国料理・広東料理「横浜中華街 聘珍樓 へいちんろう」オフィシャルサイト

ライチとは
ライチは中国の代表的な果物でムクロジ科の常緑・高木に成り、中国南部地方原産といわれていいます。また、レイシと呼ばれることもあります。

ライチの逸話
中国ライチは約2000年前から栽培され、唐の玄宗皇帝が楊貴妃のために、遠い嶺南からはるばる長安まで1000kmを運ばせた話が有名です。現在でも中国では最高級の果物として愛されています。

ライチ雑学
ライチの旬は6月の中旬から6月末までのごく限られた期間に限定されるため、香港でこの季節になると皆が朝から果物屋さんを毎日チェック!といったことになるようです。

JUGEMテーマ:フルーツ
中華系 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sweets.engineerwalker.com/trackback/1215385
この記事に対するトラックバック