スイーツの通り道

人気店・有名店からコンビニまで、自由気ままに食べた甘いものを紹介するブログ。
<< ビアードパパ渋谷限定のPREMIUM生チョコシューを食べてみた。 | main | 焼きモンブラン >>

2月2日はクレープを焼いて食べる日

2月2日はフランスでは「La Chandeleur(ラ・シャンドルール)」という祝日で「クレープを焼いて食べる日」だそうです。

なぜ、2月2日かというと、「クリスマス(キリストの誕生)から40日目に聖マリアの清めを行い、クリスマスの全ての飾りを降ろす風習」で、現在ではマリアを讃える最も古い祝日とされています。

クレープを食べる理由は「丸く、明るい色をしており太陽を思わせる」という説があります。

私の自宅にはクレープ焼き用の鉄板(クレープパン)がありますので(笑)、良い機会だと思いクレープを焼いてみました。

あじねフライパンのクレープパンです。
La Chandeleur(ラ・シャンドルール)


自作のカスタードクリームを焼きたてのクレープで包み、イチゴソースを掛けました。
イチゴソースはつぶしたイチゴにコアントロー、砂糖、レモン汁を加えて作りました。

盛り付けはもう少しうまくなりたい。
クレープ

この日のクレープを焼く際、フライパンを持たない手には富を願ってコインを握り、上手に一つの手でクレープをひっくり返す事が出来れば、その年は健康に恵まれ幸せな年になるのだそうです。
あのナポレオンもクレープ焼きにチャレンジしたと言われています。

日本の恵方巻もそうですが、各国いろいろな縁起担ぎがありますね。
個人的には恵方巻きはなんだかなぁですが、さすがフランス、クレープとはおしゃれですね(笑)
オーダーメイドの手作り鉄フライパン「あじねフライパン」
http://www.ajinefrypan.com/crepe/crepe-syouhinnnituite.htm

JUGEMテーマ:節分
自作スイーツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sweets.engineerwalker.com/trackback/1215415
この記事に対するトラックバック